8.1. 指示語の体系 | mysite

記述のポイント

 品詞分類のセクションの記述のポイント(3.3節)で述べたように,指示語は疑問語とともに,品詞をまたいだ体系を構成している。また,指示語と疑問語も体系をなしている。​この節の冒頭(8.1節の前)で,まず指示語・疑問語の総合的な体系を表で示し,各セクションに進むと良いだろう。以下は,指示語のセクションの記述上のポイントである。

  • 指示語の品詞別(代名詞、副詞、連体詞)の体系はどのようになっているか。(表の形式で)

  • 指示体系の基本的な記述を示す。

    • 近/中/遠称など,指示対象と話し手・聞き手の領域との関係で

    • 先行文脈で生じた{もの/ひと}を指す場合

    • 人(これ(=この人)),物(これ),場所(ここ),連体(この),動作様態(こう),対象様態(こんな),など,指示対象ごとの整理

  • ​方言によっては,指示代名詞が3人称指示になりにくく,「この人」のような言い方になる場合もある。

  • 方言によっては,指示語が終助詞化することもあるようである。

調査票

指示語の記述で役に立つ調査票はこちらから。

Please reload