受賞

最終更新: 5月18日

2019年11月17日に,下地ゼミ学生の松岡葵さん(M1)が,第158回日本言語学会の口頭発表に対して大会発表賞を受賞しました。


「言語類型論的観点から見た宮崎県椎葉村尾前方言における形容詞経験者構文の格標示」


講評

発表のテーマは宮崎県椎葉村尾前方言における形容詞経験者構文の取り得る格フレームであるが、その構文の3つの格フレーム(「主格−対格」、「主格−主格」、「主格−与格」)を現地調査で採取したデータの整理に留まらず、サンプル言語の経験者構文が取り得る格フレームという通言語的データを視野に入れて類型論的に分析した点は高く評価することができる。発表のスピードがやや速かったものの、総じて聞き取りやすく、また、パワーポイントも理解が容易であり、事前に周到に準備・練習されていたことが分かる。また、質問への回答も的確であり、調査と分析が充分になされていることが窺えるものであった。




21回の閲覧

最新記事

すべて表示

受賞

下地ゼミ学生の王丹凝さん(D2, JSPS)が,第160回日本言語学会の口頭発表に対して大会発表賞を受賞しました。(下地研究室からは第158回大会の発表賞を受賞した松岡さんに続いての快挙です。) 「南琉球宮古語新城方言における再帰代名詞duuとnaraの使い分け」 講評 本発表は南琉球宮古語新城方言における再帰代名詞の3つの形式、una、duu、naraの使い分けを記述し、特に機能的に類似した d

学会発表

下地ゼミ学生の王丹凝さん(博士課程/学振)と下地理則が,2020年9月2日(水)〜3日(木)に開催される下記の国際学会で研究発表を行います。 Conference on the Endangered Languages of East Asia 2020年9月2日(水)〜3日(木) 会場:Online (参加締め切り済み) プログラム詳細はこちらから 9月3日14:30-15:15 Dannin

学会発表

教員(下地理則)が,2020年8月16日(日)〜17日(月)に開催される下記の共同研究発表会で研究発表を行います。 東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」主催 第6回ワークショップ 2020年8月16日(日)〜 8月17日(月) 会場:Google Meetによる遠隔会議形式(参加用URLは参加申し込みされた方に配布) 参加申し込みは、こちらから プログラム詳細はこちらから 8