学術イベント

最終更新: 9月17日

下地理則(教員)が,日本言語学会主催の「英文要旨作成ワークショップ」(2020年12月12日開催)で講演します。



趣旨・概要

 日本言語学会では,英語による『言語研究』への投稿を促進するため,英語での執筆に関するチュートリアルをワークショップとして開催していくことになりました。今回は,学会発表申込要旨を英語で書くためのチュートリアルをおこないます。英語で書かれた要旨を,英語母語話者の研究者に校閲してもらい,英語で書く際の注意点を,現物を見ながら解説して頂きます。

 今回のワークショップは,日本言語学会として初めての試みですので,応募資格に制限を設けるなど,試験的な要素があることをご了承ください。

 本ワークショップは,日本言語学会として今年度新規採択された科学研究費・研究成果公開促進費(国際情報発信強化)による活動の一環としておこないます。

日時

  • 12月12日(土曜日)

  • 10:00-15:00 (昼休みあり,採択数によって時間短縮の可能性あり)


プログラム

  • 会長挨拶:田窪行則氏(日本言語学会会長・国立国語研究所所長)

  • 趣旨説明:米田信子氏(大阪大学教授・企画小委員会委員長)

  • 講演:「日本語話者が英語で論文を書くということ」下地理則氏(九州大学准教授)

  • 英文要旨チュートリアル 2~3件:英文アドバイザーDoug Roland氏(早稲田大学准教授)

  • 全体ディスカッション

33回の閲覧

最新記事

すべて表示

学術イベント

下地ゼミの院演習特別編Grammar Writingが,Zoomにより一般公開されます(2020年5月17日(日曜)以降,毎週日曜4時から5時半)。 途中参加も可能ですので,ご関心のおありの方は以下のフライヤーを参照の上,お問い合わせください。