学会発表



2019年6月22日に,下地ゼミ学生の占部由子さん(D2, 学振DC)が第158回日本言語学会において口頭発表することが決まりました。タイトルと要旨は以下の通り。


「南琉球八重山語石垣島大浜方言における焦点標識とモダリティ」


要旨

本発表は南琉球八重山語石垣島大浜方言 (以下、大浜方言) における焦点標識 (=du) の使用を 記述し、これを元に、Shimoji (2018) が提示する焦点階層に新たな階層を加えることを提案する。 これまでの琉球諸語研究では、命令文において焦点標識が出現できないことが指摘されてきた。 しかし、発表者の調査により、大浜方言では主語の対比焦点のときに、命令文でも焦点標識が出 現可能であることが明らかになった。Shimoji (2018) の階層は、大浜方言における焦点標識の出現 可能な範囲については説明できるが、大浜方言以外の方言において命令文で焦点標識が出現不可 であることは説明できない。これに対し本発表では、大浜方言と周辺方言における焦点標識の使 用を比較し、焦点標識が直説法、意志、命令の順で出現しにくくなるというモダリティの階層を 取り入れることで、通方言的な説明が可能になることを示す。



予稿原稿はこちらから



1回の閲覧

最新記事

すべて表示

学会発表

下地ゼミ学生の王丹凝さん(博士課程/学振)と下地理則が,2020年9月2日(水)〜3日(木)に開催される下記の国際学会で研究発表を行います。 Conference on the Endangered Languages of East Asia 2020年9月2日(水)〜3日(木) 会場:Online (参加締め切り済み) プログラム詳細はこちらから 9月3日14:30-15:15 Dannin

学会発表

教員(下地理則)が,2020年8月16日(日)〜17日(月)に開催される下記の共同研究発表会で研究発表を行います。 東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」主催 第6回ワークショップ 2020年8月16日(日)〜 8月17日(月) 会場:Google Meetによる遠隔会議形式(参加用URLは参加申し込みされた方に配布) 参加申し込みは、こちらから プログラム詳細はこちらから 8

学会発表

下地ゼミ学生の王丹凝さん(D2, 学振DC)が第160回日本言語学会において口頭発表することが決まりました(オンライン開催が決定)。タイトルと要旨は以下の通り。 「南琉球宮古語新城方言における再帰代名詞 duu と nara の使い分け」 (予稿集原稿はこちらから) 要旨 本発表の目的は、南琉球宮古語新城方言(以下、新城方言)における再帰代名詞に3つの形式があることを示すとともに、これらの使い分け