学会発表

2019年6月22日に,下地ゼミ学生の松岡葵さん(M1)が第158回日本言語学会において口頭発表することが決まりました。タイトルと要旨は以下の通り。


「言語類型論的観点から見た 宮崎県椎葉村尾前方言における形容詞経験者構文の格標示 」


要旨

本発表は,尾前方言における形容詞経験者構文の格標示を,言語類型論的観点から分析する。 本発表が主な考察対象とするのは,経験者項と刺激項の二項を要求し,心的側面を表す心情述語をと る経験者構文である。まず,尾前方言における形容詞経験者構文が,他動詞文とも二重主語文とも類 似することを指摘し,形容詞経験者構文の経験者項-刺激項が,典型的な他動詞文と同様である【主格- 対格】の格フレームと,典型的な他動詞文から逸脱した【主格-主格】,【主格-与格】の格フレームを とることを示す。次に,系統の異なる 10 言語における経験者構文がとる格フレームを分類し,尾前方 言における形容詞経験者構文の格フレームが類型論的にどのように分類されるかを議論する。



予稿原稿はこちらから



2回の閲覧

最新記事

すべて表示

学会発表

下地ゼミ学生の王丹凝さん(博士課程/学振)と下地理則が,2020年9月2日(水)〜3日(木)に開催される下記の国際学会で研究発表を行います。 Conference on the Endangered Languages of East Asia 2020年9月2日(水)〜3日(木) 会場:Online (参加締め切り済み) プログラム詳細はこちらから 9月3日14:30-15:15 Dannin

学会発表

教員(下地理則)が,2020年8月16日(日)〜17日(月)に開催される下記の共同研究発表会で研究発表を行います。 東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」主催 第6回ワークショップ 2020年8月16日(日)〜 8月17日(月) 会場:Google Meetによる遠隔会議形式(参加用URLは参加申し込みされた方に配布) 参加申し込みは、こちらから プログラム詳細はこちらから 8

学会発表

下地ゼミ学生の王丹凝さん(D2, 学振DC)が第160回日本言語学会において口頭発表することが決まりました(オンライン開催が決定)。タイトルと要旨は以下の通り。 「南琉球宮古語新城方言における再帰代名詞 duu と nara の使い分け」 (予稿集原稿はこちらから) 要旨 本発表の目的は、南琉球宮古語新城方言(以下、新城方言)における再帰代名詞に3つの形式があることを示すとともに、これらの使い分け