top of page

動画公開! Covidー19の影響下における方言研究のあり方を模索するWS 第二弾(2021年3月26日開催)

九大言語学講座下地ゼミと有志の教員で企画する「Covidー19の影響下における方言研究のあり方を模索するWS」第二弾が開催されました。


NEW!! Youtube Liveによる録画はこちらから

 

趣旨説明


昨年以降,Covid19の影響で,現地調査を主軸とする方言研究は大変な困難に直面しています。去年5月に行ったWS「Covidー19の影響下における方言研究のあり方を模索するWS」では,この困難がどのようなものか,まだ分からない状況で,手探りの提言を行いました。


第二弾となる本WSでは,去年1年間,この状況を実際に経験した学生,指導教員たちがどのようにこの困難に挑んだか,どんな知見を得たか,今後どのようなサポートが必要か,などについて,具体的な事例報告とともに情報交換し合う場にしたいと思います。

 

日時:2021年3⽉26⽇(⾦)午前10時〜

場所:zoom + Youtube Live



プログラム


10:00-10:10 趣旨説明(下地理則,九大)

10:10-10:40 イントロ・叩き台の議論(小西いずみ,東大)

10:40-11:10 研究事例紹介(松浦年男,北星学園大)


休憩


11:20-11:50 ゼミ単位の事例紹介(平子達也ゼミ,南山大)

11:50-12:20 ゼミ単位の事例紹介(久保薗愛ゼミ,愛知県立大)

12:20-12:50 ゼミ単位の事例紹介(下地理則ゼミ,九大)


ランチ休憩


14:00-14:30 卒論事例紹介1(山崎双葉,B4, 東大)

14:30-15:00 卒論事例紹介2(鈴木千遥,B4, 南山大)

15:00-15:30 修論事例紹介(宮岡大,M2, 九大院)


休憩


15:40-16:30 ラウンドテーブル




閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年度 Grammar Writing演習 受講者募集

下地ゼミ主催のGrammar Writing演習、2024年度も開講します。フルオンライン、参加自由、所属不問の私塾です。 今期(2024年)は、伝統的な記述のメソッドの議論を少し離れて、統計モデルの練習を行うことにしました。ご存知の通り、記述研究もNLPの発展とともに、計算言語学的な側面を帯びつつあり、これと無縁ではいられなくなっています。集めた談話データを数理的に処理する必要も、今後は重要にな

「方言記述のスタートガイド」公開

下地ゼミ監修による日琉諸語の総合的記述ガイドブックを公開しています。なぜ、総合的記述をする必要があるのか、どのようにやるのか、いつやるのか、どんな参考書があるか、などをコンパクトにまとめています。10分で読める内容です。学部卒論から博士論文、あるいは科研で方言記述をやってみたい人に有用です。 ダウンロードはこちらから。

博士論文公聴会

下地ゼミ所属学生の宮岡大氏の博士論文公聴会を下記日程で開催しますので、 ご関心のある方はどうぞご自由にご参加ください。 記 博士論文公聴会 論文提出者:宮岡 大(九州大学人文科学府言語学・応用言語学研究室) 論文題目:日本語諸方言における「ラ行五段化」の総合的研究 日時:2024年2月9日(金)10時半~12時(その後、非公開の審査) 場所:九州大学伊都キャンパス イーストゾーンA104教室 およ

Comments


bottom of page