授業 | mysite

​授業(2019年度後期)

木曜4限

​卒論入門ゼミ

​ゼミに配属された3年生むけ。毎回,言語学用語を1つ担当し,言語学辞典など複数のソースに当たりながら,用語を解説していく。

木曜5限

​フィールド

​言語学

未知の言語を対象に,具体的な調査課題を設定した上で,話者とスカイプで模擬フィールドワークを行う。今年度は数(Number),特にAssociative pluralとAdditive pluralについて,宮古語池間方言の複数形の作り方と上記概念の関係を記述する。

水曜5限

​比較言語学

​『日本祖語の再建』(服部四郎著,岩波)を輪読しつつ,その他の文献(An Introduction to Historical Linguistics, Terry Crowley, CUP) なども参照しながら,比較言語学の方法論を概観する。

木曜3限

​言語類型論

具体的な類型的トピックを取り上げ,その理論的背景,問題点を議論しながら,受講生が調査票を作成してフィールドでデータを集め,持ち寄って再度議論する。今年度は数(Number)。

水曜4限

​修論博論ゼミ

下地院ゼミ(修士課程・博士課程)の演習。各人のプロジェクトの進捗報告のほか,学振書類の練習,プレゼンのテクニックなど,プロの研究者になるために必要なトレーニングを行う。

学術スキル

​ワークショップ

下地ゼミでは,毎年,後期の院演習(修論博論ゼミ)の公開ワークショップを行っています。院生向けの,学術スキル(アブストラクト作成,プレゼンスキル,学振書類の指導など)向上のためのワークショップです。今年度は12/26-28に行います。詳しくはこちら

​フィールドワーク(2017-2018)