学会発表



2019年11月16日に,下地ゼミ学生の王丹凝さん(D2, 学振DC)が第159回日本言語学会において口頭発表することが決まりました。タイトルと要旨は以下の通り。


「南琉球宮古島旧城辺町新城方言における二重主語文と所有傾斜」


要旨

本発表の目的は,南琉球宮古語新城方言 (以下,新城方言) における二重主語文を記述し, その使用制限を説明することである。本発表では,二重主語文の外主語と内主語の間に成り立つ所 有関係に着目した上で,以下の 2 点を主張する。

  1. a)  新城方言の二重主語文の使用制限が所有傾斜 (角田 1991) により概ね説明できる。すなわち,所有傾斜のある地点で二重主語文が可能なら,その上位でも可能である。 【所有傾斜:身体部分>属性>衣類> (親族) >愛玩動物>作品>その他の所有物】

  2. b)  所有傾斜のある地点で形容詞述語文の二重主語文が可能なら,名詞述語文の二重主語文も可能である。 【使用可能領域:名詞述語文>形容詞述語文】



 

予稿原稿はこちらから



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

下地ゼミ生の宮岡大さん(D1, JSPS)が,日本語学会2021年度秋季大会(2021年10月30-31日,オンライン開催)のワークショップでパネリストの1人として発表します。 2021年10月31日(日) W-1 一般日本語動詞形態論:分節音レベルの共時的記述を超えて 発表者:黒木邦彦(神戸松蔭女子学院大学),佐々木冠(立命館大学),宮岡大(九州大学学生) 指定討論者:千田俊太郎(京都大学) 日

7/3(土曜)開催の筑紫日本語研究会(オンライン)で,下地ゼミ学生の宮岡大くん(D1, 学振)の発表があります。参加方法などはこちらから。 日時:2021年7月3日(土) 午後1時30分〜 一、「愛媛県大洲方言の動詞尊敬形: 接頭辞o- に連用形語幹と屈折接辞が後続する形式」 九州大学大学院生 宮岡大 一、「九州方言の動詞の活用小考」 四国大学附属新あわ学研究所特別研究員 清水勇吉 一、「彭叔守仙

7月3日(土曜)に行われる沖縄言語研究センター総会・研究発表会において,下地研究室から2人(下地理則,D3の占部由子氏)が発表します。研究発表会は非会員も参加登録できるようですので,上記サイトから登録をお願いします。 プログラム(研究発表会)13時40分開始 〇「琉球諸語の形容詞のク連用形・サ連用形・重複形:機能分担に着目して」 占部 由子(九州大学大学院/日本学術振興会D C) 〇「徳之島伊仙方